おすすめ読書・書評・感想・ブックレビューブログ

年間100冊前後の読書を楽しんでいます。推理小説・恋愛小説・歴史小説・ビジネス書・ラノベなんでもあり。

幻想小説

『桜大の不思議の森』香月日輪

「おじぃ。あれ、なんかな?」 「あれか。あれは緑人間や」 「ふぅん」 『桜大の不思議の森』は上記のような不思議が日常的に繰り返される黒沼村の日々を描いた本。 黒沼村は神様や不思議がいっぱい、自然いっぱい。 これといって強烈なエピソードがあるわけ…

『少年探偵団』江戸川乱歩

「ワハハハ……えらい、きみはさすが明智小五郎だよ。よくそこまで考えたねえ。その骨折りにめんじて白状はくじょうしてやろう。いかにもおれは、きみのこわがっている二十面相だよ。」 シリーズ二作目にして遂に『少年探偵団』がタイトルに! 今読んでもちょ…

『怪人二十面相』江戸川乱歩

「モジャモジャみだれた頭髪、するどい目、どちらかといえば青白い引きしまった顔、高い鼻、ひげはなくて、キッと力のこもったくちびる」 え? これって明智小五郎っていうより金田一耕助じゃないですか? なんて思ってしまうのは『金田一少年の事件簿』世代…

『パノラマ島奇譚』江戸川乱歩

「若し我に巨万の富を与えるならば」「若し俺おれが使い切れぬ程の大金を手に入れることが出来たらばなあ。先まず広大な地所を買入れて、それはどこにすればいいだろう。数百数千の人を役えきして、日頃俺の考えている地上の楽園、美の国、夢の国を作り出し…